ヤドカリAPI パート2

cd39ca65.jpg

ん~ 取りあえずTree形式までは出来ますた。

問題はここから先orz

URLをhttp://api.anomura.1023world.net/で指定した後に

パラメータでRequestを<family>{selectedNode.latin}</family>と

することで科目から属目までは表示出来るようになったんですが

問題はココから・・

普通にやるとHTTPServiceタグ1個につき1個しかrequestをかけれないために

family以外を続けてリクエストすることができない

そのため属目以降のツリーをクリックするとhttp://api.anomura.1023world.net/?genus=種目名と

ならなきゃいかんのがパラメータを2個セットするとhttp://api.anomura.1023world.net/?family=属目名&genus=種目名ってなってしまう・・

さてどうしたものか・・・

HTTPServiceタグ以外の場所でパラメータの設定をしなきゃ駄目なんだろうけど

どうやってやればいいんだろう・・・

ん~~~~

 

 

  • 僕のサンプルは役に立ちませんか?
    http://api.anomura.1023world.net/api-anomura.js
    言語が違えどもXML取得後のパース原理は基本的に似たようなモノになると思いますけど。
    > 普通にやるとHTTPServiceタグ1個につき1個しかrequestをかけれないために
    > family以外を続けてリクエストすることができない
    AIRは判らないけど、スクリプト的には、familyを直接ターゲットにせずに、resultをターゲットにして、family、genus、speciesのノードをそれぞれループで解析したら良いかなと思います。
    > ?family=属目名&genus=種目名ってなってしまう・・
    それでも最下位層のコールが優先されるので、正常なレスポンスが得られるはずです。
    ちなみに、famliy=科、genus=属、species=種、です。念のため。
  • ゆーいち
    おはようございますエイジさん
    javaですかぁ~今まで一度も触れたことが無かったので
    さっぱりorz
    なんとか雰囲気は掴めそうですが・・
    ターゲットですが
    HTTPServiceでリクエストした場合
    <family>{selectedNode.latin}</family>
    とした場合ですが
    どうやらAPIのURLに自動的に
    http://api.anomura.1023world.net/?family=(取得したlatin)
    という風になるみたいです(;´Д`)
    resultをターゲットにしてしまうと
    http://api.anomura.1023world.net/?result=となって
    エラーになってしまうんですorz
    ↑この辺は自分の勉強不足です。・゜(ノд`)゜・。
    多分Actionscriptでなんらかの方法があるはずなんで
    もう少し勉強してみますorz
    一応Flexでjavaも扱えるようなんですがよくわかってませんw
  • あー。ActionScriptとまた違うんですね。
    ASならほとんどJSみたいなもんだけどね。。。
    > http://api.anomura.1023world.net/?family=(取得したlatin)
    これでまずgenusリストを取得して、次のspeciesリスト取得のためのHTTPServiceアクションを乗せたgenusリストを生成させ、次はgenusリストのいずれかを選択するとspeciesリストが返るので、それらにまたHTTPServiceアクションを乗せてリスト化、みたいに階層を進んでいくような感じかと思います。
    ま、でも、プログラム慣れしてないと、言語がどうあれ進めにくいでしょうね。
    がんばれっ!!
    僕も時間があればもっとスマートな仕様に出来るか考えてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です