見た目はこんな感じでしょうかね・・

まだ+-×÷のボタンを押した後に表示部分が一旦消えて

新しい数字を表示させ、って言うのは未実装・・

今回はevalってのを使用してみました。

Script部分のソースはこんなん(汗)

<script type="text/javascript">

   function Button(botan) { //ボタン用ファンクション作成

            var a = document.form1.text1; //変数

            var b = 1.05; //消費全とか(笑)

   if (botan == "=") { //=ボタンが押されたらevalでテキストエリア内の式の値を返す

                a.value =

                    eval(a.value);

            } else if (botan == "C") { //Cボタンが押されたら表示を””でクリアさせる

                a.value = "";

            } else if (botan == "%") { //%ボタンが押されたら消費税

    a.value = a.value*b;

   }

   else {

                a.value += botan; //テキストエリアに押されたボタンを追加表示して行く

            }

        }

コメントの部分の説明であってるのかすら多少自信がない・・