やっぱりだめだった・・

今回捕まえてきた小さいチョウですが
順調に餌付いてシュアも食べてたんですが
今朝落ちましたorz
原因不明・・
やっぱ乾燥餌だけだと何かが欠落してるのかな?
ん~難しい・・
今後はあのサイズの持ち帰りは辞めよう・・・

  • んんん・・・ 残念ですね・・・orz

    シュアまで食べていてもわからないもんなんですね・・・

    僕も今度はどうなるやら(汗)
  • ゆーいち
    わもんさん
    こんにちわー
    やっぱり駄目だったかぁって感じですねぇ(;´Д`)
    去年採取してきた奴は背中の斑点も消えつつあり
    順調に成長してるようにも見えますです。
    あぁ早く並以外を捕まえてみたいorz
  • はじめまして、もちのすけと申します。
    たまに「わもんさん」のところより覗かせて頂いております。
    わもんさんの所でお返事するのもなんなんで、こちらにお邪魔致しました。
    僕よりはるかに飼育も設備もレベルが上なんで、コメント控えようと思ったのですが、これを機会にお近づき頂ければ光栄です。
    正直、ナミチョウさんは個体差も多少はあると思いますが
    環境が1番左右すると思います。
    一説によるとナミチョウさんは国内生まれの、国内育ちなので、死滅回遊魚である他のチョウ達と比べると環境変化に弱いと聞きます。
    ナミチョウという響きがたぶん軽いイメージにしてるような気がしますが
    それぞれの海洋域の固有種=と考えれば、難しい魚種に入るような気がします。
    実際にチョウを長期している方でも、ナミチョウはかなり短命に終わってるようです。
    ただし、純国産品という事もあり一度環境に適すると生存率はかなりUPするみたいです。
    ただしこのナミチョウ、偏食家で甘やかすとなかなか人口飼料に辿り着きません(汗)
    ゆーいちさんの先日採集した小さい個体は一度粒餌を食べたにも関わらず☆になったのは、もしかしたら個体がただ単に小さかっただけかもしれないです。
    たぶん単純な理由があると思います。
    30cmからお引っ越しした前回のナミチョウさんはあの設備に成功のカギがあると思います、濾過と飼育匹数のバランス、底砂の厚さ、硝酸塩濃度など。
    どちらにしてもゆーいちさん所の設備と飼育レベルがあれば、どのチョウさんも長生きすると思います。
    うちのちゃちいラピッドPROでも全員来月で1年を迎えれそうですし・・・
    但し、生存者の倍は☆にしてますがm(__)m
  • ゆーいち
    もちのすけさん
    初めまして~
    自分はまだ採取の腕が未熟でして
    このナミチョウ以外採取したことがないので、並以外のチョウの餌付けや個体差がさっぱりなんです(;´Д`)
    多分去年採取してきた並が今元気でいるのも、もちのすけさんのコメントを見て個体差なのかなぁ~と思ってます。
    まだ1年くらいしか経ってないので
    この先、この並がどれくらい生きてくれるかも確かに未知です(;´Д`)
    今いるこの並もシュアにたどり着くまで数ヶ月掛かりましたorz
    ただ30から引っ越したのは先月くらいなので、それまで30の小さいOFで
    約1年過ごしたことになりますです。
    約半年くらい水換えもせず生きてるのもきっと徐々に環境に慣れてったせいもあるんでしょうね~
    チッチャイ並チョウは連れて帰った時点で採取の先輩方に無理だよと
    すでに言われておりましたので
    ある程度は覚悟しておりましたが
    やはり駄目だったかぁ~って感じですorz
    カブトが付いてるチョウは今後採取することはないと思います(汗)

    あと、もちのすけさんが思ってるほどメインのバランス取れてないと思いますw

    あと飼育レベルもまだまだですorz
    実際にサザナミやウズマキの餌付けはことごとく失敗に終わってますです(汗)
    水質もマゴタンクの方も足すとベルリンではすでにキャパ超えてるはずなんで・・・(;´Д`)

    あと並ですが確実に至る場所で産卵してますね!

    自分が行ってる場所だけにかぎらず
    シーズンが来てまず最初に見つかるのは並ですからねぇ~
    しかもかなり小さいのから数年が経過してる大きなサイズの物まで居ます。
    やはり温暖化のせいとかなんですかね~?(;´Д`)
    お互いにチョウの飼育がんばりましょう!!
  • おはようございます。
    個体差は環境ほど簡単に☆に結び付かないと思いますが
    良い例がありました!

    去年採集のナミチョウさん、他のチョウ軍団に囲まれながらも

    虐められる事もなく、悠然と泳いで毎日を過ごしておりました。
    そして10匹近くチョウがいるにも関わらず、単独で白点を背負い☆に…
    それ以外は誰も白点出ず、今を迎えております!?

    ですが今年5月採集のトリクチス幼生期で

    採集時は1cmほどでヘルメットをかぶっていました。
    今では3cmほどになり3ヶ月目を迎えております。
    ただし、毎日ブライン、生タラコです。
    餌付け失敗でございます。

    というわけで何故か小さいのが上手くいっております??

    採集方法、輸送方法、受け入れ方法、水質etc・・・
    良い始めたら何が○で、何が×か分かりませんね。
    だからこそ面白いのですが、☆にならないのが1番です。
    せっかく我家にきたのだから長生きさせたいですね。

    ではではまた覗きに来ます。

    あとでブログリンクしておきます。
  • もちのすけさん
    おおおおおおおおお
    すごい!
    トリクチス幼生で3ヶ月目ですかぁ
    やっぱそのサイズでいきなりシュアだと
    何かが欠損してるんでしょうかねぇ(;´Д`)
    まだまだ謎だらけですorz
    リンクのほう貼らさせて貰いました~
  • あっ
    あと我が家の場合餌付いてある程度のサイズになるまでは
    メイン直結のマゴタンクで飼育してます。
    その後30の磯専用水槽にお引越しさせてます。
    これもうまく行ってる理由なのかな??
    一応メインのほうにはクイーンも居るんで、バズーカ砲並みの殺菌灯が付いてます。
  • たぶん、それです。
    うちも30cmの海水は全てメインからポンプで汲みあげてます。
    それにより、収容時や引っ越し時も水温、PH、その他あまりストレスを与えず済みますし。
    換水もメインの水を換えて少ししてからメインの海水を使います。

    大変申し訳ございません、URL教えて下さいm(__)m

  • もちのすけさん
    ここのURLはですね
    http://kakurekumanomi.com/
    になります~
    お手数おかけしますorz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です